また今年も7月20日が

来ました…

龍迷の同志の皆様はどのように過ごされたのでしょうか?

私は追悼ヌンチャク練習を行いました!色々な意味で熱かった~

192_004

| | コメント (13) | トラックバック (0)

すみれ

Sumire 今は残念ながら閉鎖されましたが、リンク頂いていたサイトに、“Bruceを花にたとえると?”というVoteのお題を提供したことが有ります。(投票された方もいらっしゃるかも知れませんね?)そこで、圧倒的に多かったのが『すみれ』でした!

どこと無く気高さを感じさせながらも、可憐な佇まいの花はBruce Leeを想い起こさせるようですね。 写真のすみれは山菜採りに行った山の岩場で見つけましたが、小さいながらも圧倒的な存在感を放っていました。 小さな野の花に“あの人”の面影を…龍迷ならではの楽しみですね!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このヌンチャクの破壊力はどうだ!★

193_103 気が付けば明日から4月!少し肌寒いですが、季節はもう春ですね~ヌンチャクを外で振り回すのにも良い季節になってきました…(笑)

さて、本題ですが…先日“怒りの鉄拳”のDVDを見ていてクライマックスの鈴木との決闘シーンで使ってるヌンチャクは例(?)のグニャッと曲がる鎖が少々長めのタイプだと思うのですが、思いっきり電気スタンドをぶっ壊していましたよね!?(↑の画像参照…クリックで拡大表示します)

素敵なデザインのスタンドが粉々に…これはヌンチャクで何かを打った経験の有る方なら分ると思いますが、強く振りぬかないとヌンチャクに加えたパワーが帰ってくる為、弾かれてしまいます。

改めてBruce Leeの手首の強さと(映画の小道具としても)ヌンチャク技法(操法)の素晴らしさを実感しました。

自分自身、Bruce Leeのヌンチャク・テクニックに惚れ込み四半世紀以上も(大汗)ヌンチャク振り回していますがスピード・テクニック・インパクト どれをとっても追いつくことが出来ません…しかし、ヌンチャクへの愛情は同じくらい持っていると思います。

さあ、明日も頑張るぞ!(何を?笑) もちろんヌンチャクです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“危機一発”が正解なのは

193_064 龍迷の間だけですね!?一般には“危機一髪”…となってしまうのが残念かも(?)

気が付けば、前回投稿してから1ヶ月以上経過してしまいましたが管理人Be Waterの胸中、龍迷の炎は以前よりも激しく燃え盛ってお李ます。心配(?)していた転勤も無く身の回りも落ち着き始めてきましたので、またいつものマイ・ペースでぼちぼち更新(投稿)していきますので宜しくお付き合いのほどをお願いいたします。

さて、危機“一発”ネタが続きますが今回は自分なりにこの作品の好きなところを書こうと思います。

まずは、ノラさんがゲスト出演(?)している所です。意味ありげな?大写しの笑顔のシーンは怒りの鉄拳からファンになった自分にはとても印象的で大好きなシーンです。

次に女優さんの話が続きますが、途中であっけなく殺されるマラリン嬢の美貌ですね!Be Waterは昔からこういう顔立ちの女性に弱い傾向があるようです…(汗)

そして、格闘シーンでは、マイの屋敷へ殴りこみをかける時に見せる怒りの表情!三白眼にもうメロメロ(笑)です。顎をひいて敵を睨みつけるあの目には喧嘩(口喧嘩がほとんどですが…)の時にお世話になりました。

最後に…やはりマイ(ボス)との格闘シーンで見せた戦慄の後ろ回し蹴り!!!!空振りのあのスピードに鳥肌が立ったのは意外と最近だったりします。

以上、久々の投稿でとりとめの無いことを書き綴りましたが今後とも宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐山大兄

1108278 前回投稿してからかなり日数が経ちましたが、危機一発の思い出を少しだけ書いてみます。

私Be Waterは所謂、第一次ブームからの龍迷ですがこの“ドラゴン危機一発”だけは当時もそれ以降も劇場で観たことのない主演作です。

日本初公開の後、TVの放映で初めて観たときに怪鳥音やヌンチャクが登場しないこの映画にはそれほど魅力を感じませんでした…(汗)

しかしながら、腰にぶら下げた手ぬぐいや右手の人差し指に巻いた包帯は当時ボンクラ中坊のBe Waterにとってはかっこうの真似っこネタで、怪我でもないのに包帯巻いて登校しボンクラ仲間とLee先生談義に花を咲かせたりしていました。自分で言うのなんですがお馬鹿ですね~(笑)

今改めて観直して見ると、やたらに人を殺してしまうシーンが多くて残酷な映画だなぁ~とも思うのですが、その反面殺気の漲る格闘シーンに魅力を感じる素朴な作品だと思います。

やはり、伝説はこの作品から始まったと言えるのでしょうね!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“猛龍過江”は

191_021 楽しめましたか?自分は正月休みに英語台詞版のDVDを観ましたが画質に満足出来ず、近年発売されたデジタルリマスターされたDVDまで観てしまいました…(笑)

こちらのDVDはオープニングのGH社のロゴがオールド・ファンを泣かせてくれます。来月は旧正月がやって来ますが、映画のように今でも爆竹を鳴らしてお祝いするのでしょうか?…ちょいと疑問に思いました。

さて、お正月休み中に観た主演作品がもうひとつ有ります。“ドラゴン危機一発”です!

こちらはまだ(?)若々しいLee先生が画面狭しと暴れまくっている所が一番の魅了でしょうか?近年になって発見したことですが、この映画でLee先生がはいている靴はクンフー・シューズではなく紐穴の有るデッキ・シューズなんですよね!燃えよドラゴンのイメージが強すぎて勘違いを何十年もしていました(汗)

この作品に関して書きたい事は沢山有りますが、まとめていないのでまたの機会に書こうと思います。

では、また!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンへの道(その2)

Woddvdjac_1 気が付けば前回の投稿から20日以上経ち、今年ももう終わろうとしています…

今回、DVDのジャケット画像を載せたのはそれなりの理由が有ります!龍迷でない方達は『何故、同じ映画のDVDを何枚も持っているの?』ときっと不思議に思われるのでしょうね!?事実、うちの家族もそう思っていますから…(苦笑)

画質の違い、編集の違い、音声の微妙な違いなどなど…そして、自分が最初に観たバージョン探しをやってしまうのが龍迷の悲しい性でしょうか?(同志の皆さんなら理解していただけるのではないでしょうか?)

おっと!話がそれました…この映画が日本で劇場公開された時(1975年)には現在のように公開された映画がすぐソフト化され、販売されたりレンタル店に並ぶということは無く、家庭にもテレビ放映された映画を録画することが出来る機材は当然無いため、映画の余韻に浸るには写真を眺めてサントラ・レコード(決してCDではないんです!笑)の音により記憶を辿るのが一般的でした。

公開当時、貧しい中学生だったBe Waterは田舎住まいという事もあり何度も劇場に足を運ぶことは出来ない為、やってはいけない事を計画&実行してしまいました…

劇場に行く日にBe Waterが用意したものは、当時流行っていたMSGタイプのバッグに入れたラジカセに装着した、120分録音用のカセット・テープです(時効なので皆さん勘弁して下さいね…汗)そうです!映画を1本丸々録音することを目論んでいたのです。

当時の映画館は今のように完全入替制ではなかったので、朝入場したら時間の許す限り劇場内で映画を観ることが出来ました。しかし田舎の家に帰らねばならない私は2本立て上映の同時上映作品を挟んで目当てのドラゴンへの道を2回しか観られません。そこで1回目は映画を観る事だけに専念し、録音は2回目の上映時ですることに決めました。

当然のように劇場内の笑い声や歓声、咳払いなどの雑音が入りまくりのお宝テープでしたが、度重なる再生により伸びきってしまいいつの間にか手元から消えてしまいましたが、今となってはかけがえの無い思い出です。そういう意味で鮮明な映像が繰り返し観る事が出来る今の時代は龍迷にとって良い時代と言えるでしょう!

そういえばドラゴンへの道は旧正月の元旦を挟んでの設定の映画でしたね?!英語版は偽怪鳥音しか手持ちのDVDソフトには有りませんが、英語版のドラゴンへの道をお正月に久々に観賞したいと思います。

長々ととりとめの無い投稿になりましたが、最後に…(リンダ夫人いわく)素顔のBruceに一番近いタン・ロンを皆さんもお正月休みに堪能しましょう!♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最後のブルース・リー

1812_011

ドラゴンへの道です!

サブタイトルの最後のブルース・リーというコピーが当時中三だった自分にとって、「もう新作は無いんだよ」と言う最後通告のような気がして楽しみと寂しさが入り混じった複雑な気持ちだったのを思い出します。

そして、劇場でダブル・ヌンチャクを見たときの衝撃は今でも鮮明に甦ります!まるで二匹の黒い龍が暴れ狂うように操られるLee先生のヌンチャク捌きに、呆気にとられてしまいました。

出来ることなら当時の劇場公開版(もちろん英語音声&本物怪鳥音)がもう一度見てみたいものだと思うのは自分だけでなく、当時劇場で同じショックを体感した少年の心を今も持ち続けている大人達すべてではないでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日は車のタイヤを

_1811_075 冬用のスタッドレス・タイヤへ交換しました!

そのとき車の床からヌンチャクが出てきたので(護身用の木製ヌンチャク)少しだけ練習しました。

やっぱり木製鎖繋ぎベアリングタイプは良いですねぇ~♪ガンガン振り回せますが、以前から弱かった左手のコントロールが骨折が完治していない為か思うようにいきませんでした(汗)

どうやら気長に風呂上りのリハビリを続けるしかなさそうですね!?

1810_004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月27日は

私が尊敬して止まない、憧れの遠い存在、Lee先生のお誕生日です♪

まったく惜しい人を失ったものです。

宇宙的損失だと思いますが、若くして逝った事がカリスマ性や多くの伝説(?)を生み、今も尚多くの人々を惹きつける魅力を放っているのでしょうね。

Happy Birthday Bruce Lee!

1811_063

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«私、33年来の龍迷です